TIPS不動産売却の知恵

分譲マンション

2022/08/16

売りやすいマンションとは?売れるポイントを解説!

自分所有の不動産の売却を考えた際に、どのようにすれば、早く売却に成功するか気になるところだと思います。
もちろん価格設定が重要な要素の一つになりますが、今回はそれ以外の要素をまとめながら、売りやすいマンションについて、書いていきたいと思います。

売りやすいマンションの条件とは

マンションを売り出すときには、まずは、所有しているマンションの長所・短所を客観的に見て、売れるポイントを把握することが大切です。

では、売りやすいポイントとは何があるでしょうか?

 

1.立地関係

立地と一口といってもいろいろありますが、ファミリー・単身関係なく、最寄りの交通機関までの距離、大手スーパーまでの距離など利便性に優れた立地ですと、良いプラスポイントとなります。

ファミリー向けのマンションであれば、幼稚園・小学校・中学校までの距離も大きなポイントの1つです、得に人気の学区内である場合や、子供が1人で通学するため小学校が近い場合は、それも1つの大きなポイントと言えるでしょう。

 

2.間取(広さ)

お部屋の間取(広さ)も大切です。
マンションの購入を検討している方は、2LDK以上の間取を探している方が比較的多いですが、最近はネット検索にて情報収集をする方が大半を占め、まずは広さ(平米数)にて数を絞っていく傾向にあります。

 

3.管理費、修繕積立金のバランスはとれているか

マンションの売却となると販売価格ばかりに目がいきがちになりますが、大半の購入者が住宅ローンを利用するため、月額ローン支払いと併せて月々に支払いを行う管理費・修繕積立金の金額も大切です。

両方の項目を併せて計算をおこなうため、管理費・修繕積立金の金額が相場よりも高い場合、売りづらくなってしまいます。

また管理費・修繕積立金が適切でも、建物の外壁や設備のメンテナンス等にしっかりと利用されているのか、また今後の大規模修繕のために、積立が行われているかなども非常に大切です。

 

4.共用の設備や建物の情報について

マンションを売却する際には、当然ながら部屋だけでなく建物全体の設備も含めてアピールするのも大切なポイントの1つです。

敷地内の駐車場は空いているのか?駐輪場は何台まで停められる?管理人さんの出勤している時間帯は?等の基本的とも思われる情報も充実していれば、売りやすさにつながっていきます。

ファミリー向けの間取であれば、他の区分所有者さんがファミリーが大半!なども、購入を検討している方々の安心感につながっていくため、販売活動を進めていく際にアピールのしやすさに繋がりますので、住んでいたからこそ分かる情報があれば、不動産会社の営業マンに伝え、アピールをしていきましょう!

 

 

売りやすいマンションとは、と考えた際には様々な考え方がありますが、本日ご紹介したものは、基本的な要素になります。

所有しているマンションの売却を考えた際には、まずは、自分が購入する立場であれば、どういった点があれば購入を検討するかを考えて、その点をうまくアピールする事が大切になります。

  • クリップボードにコピーしました
INQUIRY / ASSESSMENT
札幌市の不動産売却は全て当社にお任せ下さい!

お問い合わせ&査定依頼