TIPS不動産売却の知恵

分譲マンション

2022/07/19

マンションの1階は売れないのか?売れるための売買活動を解説

査定ご依頼を頂戴して、お伺いさせていただきました際に、『1階の部屋だから売れないでしょう?』という言葉を頂戴したことがありますが、皆さんはどのように考えますでしょうか?

私は、1階だから売れないということは決してないと考えます。

1階部だからこそのメリット・デメリットをしっかり考えて販売活動を行っていけば、買主を見つけることはできるはずです。

所有不動産のメリット・デメリットをしっかりと把握をすることは、1階のお部屋に限らず大切なことになりますが、今回はマンションの1階部に焦点をあてて考えていきたいと思います。

 

マンション1階部のメリットとは?

階下への音を気にしなくとも良い

分譲マンションといっても、下の階への音が響かないわけでありません。
ペットを飼育されていたり、お子様のいるご家庭の場合、どうしても下の階への気遣いをする必要性があります。

横のお部屋への気遣いは必要にはなりますが、下の階への気遣いを減らすことができるのは、大きなメリットとなります。

専用庭が使用できる

マンションによっては、1階のお部屋にそのお部屋専用の庭がついていることもあります。
ベランダに比べて広く利用できるだけでなく、ガーデニングなどを行う事も出来るため、最近のガーデニング・家庭菜園のブームに伴って、興味のある方には、心惹かれるメリットと言えます。

買い物の際などの移動が楽になる

分譲マンションでも、マンションによってはエレベーターの無い物件もあります、その際には、普段のお買い物帰りの際などに階段を利用しないといけない為、1階部の方が人気があることもあります。
また、エレベーターのある物件であったとしても、世帯数が多い物件の場合、移動も時間がかかることもあります。

移動という点でいえば、ご高齢の方などの場合、普段の移動なども少しでも楽な1階を望まれる方もいらっしゃいます。

 

マンション1階のデメリットとは?

セキュリティ面が心配

1階のマンションにて、気になる点としてセキュリティ面を上げられる方が多くいます。

窓からの侵入のしやすさなどから空き巣の心配などがあげられます。
また、上層階とは異なり、カーテンや窓を開けたままにしますと、外部からの視線が気になるなどの点もあります。

そのため、1階のお部屋には外部からの視線が気にならないように、植物で視線を遮るようにしているマンションもあります。
売買活動を行う際には、そのような点をしっかりと表示し、また防犯カメラの設置場所なども把握することで、デメリットを減少させることができます。

眺望や日当たり面

1階のお部屋は上層階に比べると日当たり面が減少してしまうイメージがあり、実際に上層階に比べれば劣ってしまいます。

ネット掲載や不動産会社に利用する写真等に、できる限り明るい写真を利用するようにしましょう。

 

どのようにして売買活動を行うべきか?

どのような不動産であっても、メリットとデメリットがありますが、1階のお部屋の場合、募集を行う際の不動産資料やネット掲載においては、よりターゲットを絞った表記を行いましょう。

高齢のご家族や、お子様のいるご家庭であれば、近隣の小中学校に関してや、近隣にあるスーパーやドラッグストアの表記に関して、または、マンションに住んでる世帯層などに関して表記をしっかりとする事も大切です。

お子さんのいるファミリー層が多い等の表記があれば、お子さんの音を気にしている親御さんに安心の一助となります。

お住まいになっている方だからこそわかる、他の世帯に関する事なども、不動産会社の担当者さんに伝え対策をねりましょう。

 

まとめ

不動産を売買する際には価格は大きな要素の1つにはなりますが、決してそれだけで決まるものではありません。

そのお部屋ならではメリット等が必ずありますので、その点としっかりと伝えることが売買成功の秘訣となります。

居住中のまま売却を行う際には、売主の方は立会をされるかと思いますので、購入希望の方のなかには、売主に気を使ってしまい、質問できないという方もいらっしゃいますので、その際に売主の方から、メリットを伝えてあげるとなお良いです。

  • クリップボードにコピーしました
INQUIRY / ASSESSMENT
札幌市の不動産売却は全て当社にお任せ下さい!

お問い合わせ&査定依頼