TIPS不動産売却の知恵

査定

2021/04/18

価格戦略・設備保証・ホームステージングで高く売る!損をしない不動産売却の方法

以前の私の記事では
札幌で不動産の一括査定サイトを利用するメリット・デメリット
札幌で不動産売却する際の会社比較ポイント
をお話しさせて頂きました。
査定を依頼する→各社比較する→会社は決めたが損をしないように売りたいとなるかと思います。
今回の査定記事では札幌で不動産を売却する際、損をしない売り方がありますので、今回はポイントを3つに絞って解説していきます。

損をしない不動産の売却方法【第1回目】

 

売却可能売出額の最大値からスタートする

査定を行った際、適正価格、チャレンジ価格と提示されることがあります。
適正価格は3ヶ月以内に確実に売れると考えられている価格。
逆にチャレンジ価格は半年かかって売れるかどうかと考えられている価格になります。
売主様の状況にもよりますから何とも言えないのですが、急ぎではない、高く売りたいと考えている方は不動産会社の提示するチャレンジ価格で売り出すことをおススメいたします。
そこで1ヶ月挑戦してみて問い合わせ等反応が少なければ価格変更をするといった形が理想でしょう。
ただこれがチャレンジ価格以上、価格変更を3回以上するということは逆効果となりますので注意が必要です。
価格決定に関しましては最終的には売主様の意向によるものですが、弊社では損をしない値付けのアドバイスもさせて頂いております。

 

設備保証を付けて安心感を売りにする

中古住宅を買う=引渡しが完了したら故障は自己責任でしょ?
と考える方も少なくないかと思います。
そのような取引が圧倒的に多いのですが、設備保証を付けることによって購入検討者の安心感は増し100万円程度高く売れたという事例も数多く存在します。
その不動産を取り扱っている会社のやり方にもよりますが、弊社の例でいきますと個人間売買の場合の契約不適合責任と言われる引渡し後の責任問題については売主様は基本免責とさせて頂いております。
売主様にとっては後腐れがない為、気持ち的には余裕が生まれます。
その代わり、弊社の特典として設備保証をご用意しております。
内容としましては引渡し後1年間、設備が故障した際に保証会社から修理代がおりてくるものになります。
これを付帯することで、売主様は一切責任を負わず、買主様は安心感を得られる=取引価値が上がりますから高値売買が実現可能という結果になります。

 

ホームステージングで視覚と嗅覚に訴えかける

中古住宅は何件も比較する方が多いです。
その為、室内の第一印象が特に大事です。
印象を良くする方法ですが、まずは当たり前のことですが清掃をきちんと行い、清潔感を出す。
空室の場合であれば業者を頼む、居住中の場合だと案内前には片づけをしておくことをおススメいたします。
また空室の場合に限ってですが、ホームステージングを行うのが効果的です。
ホームステージングとは主要家具を設置し、おしゃれな小物を飾ることを言います。
よく新築のモデルハウスでされている手法ですが、おしゃれな生活感を出すことでリッチな暮らしの想像をかきたてる結果となり購買意欲のUPに繋がるのです。

あとは匂いです。
部屋が綺麗でも臭いお部屋があります。
それが原因で売れない場合もあるんです。
下水の匂いに関しては、しばらく放置されていた物件なのかなと思われてしまいますので、下水に繋がる穴は全てふさぐようにしましょう。
特に洗濯機の排水部分はトラップに水が溜まっていないと悪臭がしてくるケースが多いです。
こちらは夏は特に定期的に水を溜めて、出来ればサランラップで塞ぐようにしましょう。
嫌な匂いがなくなった後は、いい匂いにしましょう。
これはスティック芳香剤がおススメです。
さり気ない良い匂いに誘われていつまでもお部屋に居たくなる=買いたいに繋がるでしょう。

 

まとめ

今回は損をしない不動産の売却方法【第1回目】ということでポイントを3つお話しいたしました。
次回第2回目ではまた別の角度からお話ししたいと考えております。
最後までご高覧頂きまして有難うございました。

  • クリップボードにコピーしました
INQUIRY / ASSESSMENT
札幌市の不動産売却は全て当社にお任せ下さい!

お問い合わせ&査定依頼